体に痛みを感じる…セルライトが原因?

p572.jpg

 

セルライトには、目立たないレベルから何もしなくても目立つようになる症状や段階があります。

 

セルライトが多い部分をマッサージすると痛みを感じる場合もありますが、何もしなくても痛みを感じるようになってしまうほど放っておくとよくありません。なぜなら、血管を圧迫しているため痛みを伴っていることがあるのです。

 

表面的に凸凹して目立ち、さらに痛みを伴うセルライトは本当に厄介者です。すぐに対処できていれば、除去しやすいのですが、気が付いたら増えて目立つようになってしまう方が多いのも事実。自分ではどうしようもできなくなりエステサロンに駆け込む人が多いのです。

 

何もしなくても痛いセルライトは早めに対処を

何もしなくても痛みを感じるセルライトは、かなり肥大化が進んでいると思われます。きっと見た目でも凸凹が目立つようになってきているのではないしょうか。

 

継続的な痛みは、かなりストレスを与えてしまうのではないかと思います。我慢できないほどの歯の痛みが続けば歯医者に行くのと同様で、痛みが続くようであれば、専門に任せたほうがいいでしょう。

 

大きく肥大化してしまったセルライトを自分で除去するとなると、とても大変です。専門のエステティシャンの技術やマシンで、効率よく改善していくのも一つの方法として考えてもいいかもしれません。

 

自分でできるセルライトケア

gatag-00011302.jpg

 

肥大化が進んでしまったセルライトの除去はなかなかできないかもしれませんが、ケアを自分で行うことは大切です。

 

湯船に浸かる、マッサージを行う、体を冷やさない(とくに足や下半身)、食生活の見直し、運動、筋力トレーニングなど様々なケアがあります。また、着圧ソックスを履いたり、骨盤矯正を行ったり、セルライト専用のオイルやクリームを使うのも効果的です。

 

それから、自分の裸の全身を鏡で見たことはありますか?見る機会があまりないかもしれませんが、どのようにセルライトが目立っているのか確認するのも大切なのです。気づいていない状態だと、「改善しよう」という気にはなれませんよね。周りから見た自分を確認することで、「自分は周りからこんな風に見られてたんだ」「こんなにセルライトが目立ってたなんて」と改めて気づくことができます。

 

セルライトの除去は根気強く

セルライトはそう簡単に除去できません。「こんなに頑張ってるのに全然変わってない」とショックを受けて挫折する人も多く、根気強く継続してケアを行わないと、目に見える効果が得られません。

 

その日できたむくみを解消するだけでも行っていれば、セルライトが肥大化してしまうのを防ぐことにつながります。小さいことをコツコツと行うことが大切です。根気強く頑張っていきましょう!