EMSでの筋肉の消費カロリーはどれくらい?

EMSって痩せる気がしないんだけど…

 

 

って思う方の気持ちがよくわかります。

 

 

しっかり運動をして汗を流して、食事を見直して…
そうしないと痩せた気がしませんよね?
たしかに重要なこと。筋肉がつけば消費カロリーも上がります。

 

 

消費カロリー>一日の摂取カロリー
 

 

で痩せれるかどうかが決まってきます。

 

 

気になるEMSですが…これは自分の脳からの刺激。
自分で運動する場合は外部からの刺激。筋肉運動をしていますが、どちらも消費カロリーは期待できません。筋力をアップして、新陳代謝を上げることに期待できるでしょう。

 

 

ですので、筋力トレーニングは消費カロリーを増やすというよりは、「筋力アップ」の目的で行ったほうがいいです。消費カロリーをもっと増やしたい!という場合は、水泳やジョギングなどの有酸素運動がおススメです。

 

 

家庭用のEMSはあまり効果がない?

EMSでやっても筋肉がつく感じも痩せるかんじもしないんだよね…
って思う方は、
そのEMSの威力が弱い可能性が高いです。

 

 

EMSは医療にも使用されているのですが、

 

 

 

医療>エステ>家庭用
 

 

この順番で威力(出力パワー)が決まってきます。
薬事法の関係で医療の出力が高いEMSはエステや家庭用では使用できないのです。

 

電流の弱いEMSではほとんど効果を感じることができません。
なので特に家庭用の安いどこぞのよくわからない商品を購入してもほとんど効果は期待できません。

 

 

格安のEMSだと、パワーをマックスにしてもぴくぴくするくらい、ではあまり効果はないです(^^;
うちでもいくつも3000円〜10000円ほどのEMSを購入したことか…最初は使っていても、目に見える効果が出るわけではないので続けることが難しいのです。そのうち、押し入れ行きに。(笑)

 

 

EMSで筋肉痛になる?

威力がきちんとあるEMSを使用すると、運動したときと同じような筋疲労だったり、筋肉痛が起きたりします。筋組織を破壊させることで、筋肉の修復が起こり、筋肉が発達していきます。

 

 

ぴくぴくしたような感じのEMSのパワーではなく、痛くない我慢できる範囲で使用するくらいがちょうどいいです。

 

消費カロリーを増やしたいとのことであれば、自分で腹筋などをするよりは太ももや背中など大きな筋肉にEMSをあてて運動をさせたほうが効率がよい、消費されるのです。

 

 

 

筋肉が増えて消費カロリーが増えれば、一日の摂取カロリーを上回る場合、脂肪などが燃焼され、自然と痩せていきます。

 

これが痩せる法則です。

 

 

筋肉がつけばつくほど痩せる!
そして一日の摂取カロリーを見直す!
それを継続していく!

 

 

それが痩せるための鉄板の法則です♪