EMSとLPG

インナーマッスルを鍛えるためのEMSの貼り方!

インナーマッスルを鍛えて代謝をあげよう!EMSの貼り方

ダイエットイラスト

インナーマッスルを鍛えることは、自分ではなかなか難しいと言われています。

そこで活躍するのが、医療やスポーツでも使用されている「EMS」なんです。

EMSを使用することによって、インナーマッスルを含む筋肉増加の期待ができ、代謝アップ、ダイエット、セルライト減少の効果が見込めます!

EMSは電気信号で脳に信号を送り筋肉を運動させますが、貼り方や使い方によって効果を倍増させたり、効率良く筋肉を増やすことができるのでチェックしましょう!

鍛えるべき筋肉はどこ?

腹筋を鍛える

鍛えたい部分として、「腹筋」と答える方が多くいます。腹筋パックに憧れている方が多いんでしょうか?(^^;

たるんだお腹をひきしめたい、ウエストを細くしたい、これらの理由からお腹ばかりを鍛える方がいるんです。

毎日毎日、お腹ばかりにEMSを貼るやり方。実はこれは正しい使い方とは言えないのです!

まず、知っておいて下さい。筋肉の多い部分は、太ももと背中です。

筋肉の多い部分から鍛えて代謝を上げたほうが、全体の代謝アップにつながるんです!

目的は筋肉量の増加です。なので簡単に言うと筋肉量の多い部分から鍛えてしまったほうが効果が早いのです。

筋肉には休ませることが大切!

筋肉休ませる

ボディビルダーや一流アスリートたちは、筋肉を効率よく鍛えて増やすために、筋肉を休ませることを徹底して行っています。

休ませるとは、筋肉に運動させない。休養させるということ。

鍛えて、休む。これが非常に大切なんですね。

筋肉には修復機能があり、鍛えて繊維が切れた筋肉は修復しようとしてさらに強化されていきます。

修復に必要なのが、休養。休ませないときちんと修復されず、強化されません。

鍛えた筋肉は、1日から2日ほど休ませます。

修復をした筋肉をまた鍛えることによって筋肉増加が見込めます。

効果がでない原因はなに?

ちょっとまって!

上記の理由を一つの原因として、同じ個所を毎日毎日鍛えていることも考えられます。

修復できずに鍛えてしまうと効果が落ちてしまうことがあります。

効果が出ないと、やっぱりダメだね。と言って継続することをやめてしまいます。

ハッキリ言いますよ?
医療やオリンピック選手が使用しているんです!

効果は証明されています。

効果が出ない理由として、

  • 値段が安く電流がきちんと流れていない
  • 肌が乾燥してうまく電流が伝わっていない
  • もともとの電流が弱い

など原因はいくつかあります。

1万円以内や、夜中にやっているネット通販で売られている超安心価格のEMSでは電流が弱い&すぐにダメになる&ただの気休めになってしまいがちです。

また、安い商品を買って、1日2日やってみただけでは目に見える効果は期待できません。

もしそれができるのであれば、脂肪吸引手術や痩身エステ、ダイエットフードなども必要ないですよね?

普段の姿勢がインナーマッスルを鍛える

みなさんは普段いい姿勢をキープできていますでしょうか?猫背だったり、両肩の位置が平行ではなかったりしていませんか?

EMSでインナーマッスルを鍛えることも一つの方法ですが、普段の姿勢をきちんと正すこともインナーマッスルを鍛えるには最適な筋トレになるのです。

スマホを見すぎてはいないか?

スマホは下方向に向けて見ることが多いので、自然と猫背になりやすく、姿勢が悪くなってしまいます。

姿勢を悪くするばかりか、二重あごやほうれい線の原因となりやすいです。

荷物をどちらかの肩ばかりで背負うことが多い

両肩の位置が並行ではない場合、荷物の持ち方などによってバランスが偏っていることが多いです。

バランスが偏っていると、肩こりや首のこり、頭痛などを引き起こしてしまいます。血行が悪くなることで、新陳代謝の低下につながることもあります。

どこを鍛えたいか意識することが大切

EMSで鍛えているとき、姿勢を正しているときなど、鍛えている筋肉を意識することで、より効果が得られます。

インナーマッスルは日常生活でもある程度鍛えることができますが、負荷をかけて鍛えることでそれ以上に新陳代謝は上がり、痩せ体質に導いてくれる役割をもっています。

インナーマッスルは体の芯の筋肉なので、「ムキムキ」したイメージの表面上の筋肉とは違い、たくさん鍛えたとしても、ムキムキになるのが怖いという不安はありません。どんどん鍛えていきましょう!

絶対痩せたい人向け!オススメセルライトエステ
関連記事